会報 No.10
論説 教則本「尺八ー毎日のウーミングアップ」貴志清一


たくさんの方より早く公開してほしいと依頼がありました 教則本「尺八ー毎 日のウーミン
グアップ」やっと出来上がりましたので発表させて頂きます。
 
陸上競技の選手で、練習始めにいきなり100mを全力疾走するランナーはい ないと思い
ます。
そんなことをしたら大きな事故につながりますし、記録の向上など、とても望 めません。
やはり始めは柔軟運動、そして軽くジョギング程度で体を慣らしていき、それ から本格的な
トレーニングに入ると思います。ところが尺八の練習ではいきなり100mを 全力で走ると
いうようなことをしている奏者が多いのです。100m全力疾走は尺八で言え ば「巣鶴鈴慕」
や「七小町」などの曲に当たります。 

十分に尺八を吹く為のウーミングアップをしないでいきなり難しい曲を吹くの で唇や体が曲
についていけずにかえって悪い癖がつき、いつまで経っても上達しないという ことになりま
す。10年20年吹いても簡単な童謡すらスムーズに吹けないということにな ります。
 
上達の早い人は何らかの自分で考えたウーミングアップの方法を持っているも のだと思います。
ただ、尺八界ではウーミングアップを研究して一人でも多く尺八を上手になっ てもらおうと
いう雰囲気は今まで少なかったようです。 ここで紹介する私のウーミングア ップの方法は
唯一の方法でもありませんし、またもっとも合理的な方法でもないかもしれま せん。
しかし尺八界にとって、無いよりはましなわけです。このウーミングアップを 土台にして、
よりよい方法がたくさん出版されることを希望します。  

これは、私自身の経験から出てきたものです。一年ほど前に何を思ったか、ウ ーミングアッ
プなしに「巣鶴鈴慕」を吹くことを日課にしました。しかしそれは今から考え ますと、唇に
とってはたいへん良くなかったのだと思います。 まるで生き物のように言う ことのきかな
い微妙な唇のことですから、いきなりウーミングアップなしで甲音のみの難し い曲を吹きま
すと、唇は硬くなってしまい、良い音色は出にくくなります。 実は、いい響 きの音と唇の
自由さを得るためにと「毎日の日課」を著した私なのですが何を勘違いしたの か、全く間違
った方法で練習していた時期がありました。 一度硬くなってしまった唇は、 後でいくら練
習をしてもなかなかもと通りには戻りません。おかげでくる日もくる日も、ど うももう一つ
調子が出ないで困っておりました。 

ある時、私の尊敬するフルートの巨匠のモイーズという人の伝記を読みまして 、はたと気が
ついたのです。(フルートも尺八も、そしてノズルがなければリコーダーもパ イプオルガン
すらも発音原理は全く同じです。)
「朝のウーミングアップは、かたつむりの角(つの)といった方が良いかな。 あまり
にも難しいことから始めてごらん、かたつむりの角が引っ込んでしまって−− −おし
まい! 唇だって同じことさ。」「わしは、絶対に(始めは)高音域は練習し ない。
唇が緊張してしまうからね。だからわしは、低音域だけ練習することにしてい るんだ。
時間が経つとそのうち、高音も無理なく出せるようになっているんだ。」
「マルセル・モイーズ」P.194 トレバー・ワイ著 音楽の友社

この文を読んで、いかに最初に難しい曲をウーミングアップなしに吹くことが 愚かなことか
が分かりました。 魔がさしたとしかいいようがないのですが、唇のためには 乙のリ(ハ)
より、何度も何度もゆっくりと音延ばしをして唇を柔軟にしてゆくのが大事だ と「毎日の日
課」を著した私なのですが。 
ですから、もしも私のように甲音の難しい音から始めたり、また、比較的出し にくい乙ロか
ら始めたりしている方がおられましたら、騙されたと思って一度この「尺八ー 毎日のウーミ
ングアップ」を30分間試して下さい。
・各音は本当にゆっくり吹いて下さい。速さは遅ければ遅いほど効果がありま す。
・繰り返しの後は少しだけ早めに吹いて下さい。指がなめらかになり、曲を吹 くときの助け
になります。
・琴古流は(乙ハ→リ、甲ハ→ヒ、甲ピ→ハ五)として下さい。
・乙のロなど、出ない音があれば本当に小さい音でそっと吹いて下さい。一年 ほど経つとだ
んだん出てきます。その出てきた時に始めてしっかり吹けばいいのです。 
いずれにしましても、この「尺八ー毎日のウーミングアップ」でますます上達 されますこと
を希望いたします。

(「尺八ウーミングアップ」の参考VHSビデオあります。演奏、貴志 清一 )
申込先  尺八吹奏研究会 第3事務局(ビデオテープ配布部)
〒791 愛媛県 松山市 姫原2丁目3ー39 辻 智和 氏まで
ご自分の住所氏名を書いて390円切手を貼った返信用封筒(角3号)と郵便 為替1000円分
を同封してお申込下さい。


尺八吹奏研究会ホームページに戻ります

尺八音楽のより一層の普及・発展のために本研究会を発足させていただきまし た。
尺八奏法に関して、全国の尺八愛好家の皆様の意見交流の場ともしてゆきたい と思います。
ご意見・ご質問・情報・論説をお持ちの方は是非下記にご連絡ください。  


事務局・責任者 〒590-05  大阪府泉南市岡田2−190  貴志 清一