戻る

インターネット会報2006年12月号
尺八の歌口の深さを同じにする方法は?(付:2007年新春尺八講習会のご案内)  貴志清一

  まずこの件に関して九州のF氏よりのお手紙を紹介させていただきます。

 「歌口ですが、歌口の深さがそんなにも音と関連があるとは思いませんでした。長短、長さの違う尺八を持ち替えてすぐ良い音が出ないのは、そのためだったのかと気づきました。そして、尺八の深さを同じにする方法があればいいのに、と考えています。」

  さて、会報204号に「きわめて良く鳴る一尺六寸管を手に入れて、しばらく一尺六寸管は吹かないことにした話」を写真入りで書かせていただきましたが、その一尺六寸管はその後、製作者のところへ持っていき私の一尺八寸管を同じ深さの歌口に直していただきました。
  かつてのような馬鹿鳴りはしませんが、十分豊かな音量は出ます。また有り難いことに、音色も良くなったようです。従いまして、写真で紹介したような深い歌口の一尺六寸管はもう存在しません。
せっかく直していただいたのだからということで、近い内にこの一尺六寸管も使った小さな演奏会をしたいなと考えています。 ですから、ご質問の回答としましては、「製管師さんのところへもっていって同じ深さにしてもらう」ということになります。ぜひお試しください。

 さて、F氏のお便りを続けさせていただきます。

 「本来は地唄を習っていましたが、なにとて地方ですので町には尺八を吹く人が一人もいないところですので10年ほど前から足を延ばして近くの市の方へ練習に行っていました。そこは歌謡曲、ポピュラー、民謡といろいろの方がいますが、初心に返ると言いますが、地唄・本曲に帰りたいと思い少しずつ勉強はしていますが、何せ一人ですので何もわからずに困っています。  昔の本曲の楽譜はありますが、今は貴志氏の「手向」の手本ぐらいで、氏のDVDを見ながらのこととて、ビデオの方でも勉強いたしたいと思っておいます。もしお手数でなかったら楽譜・初歩編を10枚程度ご送付願えればと存じます。宜しくお願いいたします。」

 このお手紙を拝見しまして、尺八への情熱が伝わってました。
地唄、ましてや本曲は奥が深いと思いますので、それを勉強したいという強い意志には敬服いたしました。
ただ、通常尺八の楽譜はほんのメモのようなものですので、なかなか楽譜だけでは本曲などは修得しがたいものです。私の琴古流などでは、甲のレを出すだけでも3、4通りの「当たり」の方法があります。それだけでも大変です。一対一の練習でないかぎり、なかなか修得は難しいですね。  以前、わざわざ九州より大阪までお越し下さいまして少し一緒に練習させていただきましたが、そのときは吹奏法だけで精一杯でした。  大阪にご在住でしたら来ていただけるのですが、それは不可能です。大変残念に存じます。
楽譜はとりあえず、本曲入門の「一二三鉢返し」と、その解説文をお送りさせていただきました。

尺八吹奏研究会 2007年1月7日(日)
新春尺八講習会のお知らせ
尺八の技術向上を目的として、尺八講習会を下記の通り開催いたします。

 今回は「口腔前庭と音の自由自在なコントロール」を講習します。合わせて当道会大匂当の菊苑馨師をお招きしていますので「春の海」の合奏勉強も可能です。

第1部 新春小演奏会
    尺八独奏「鹿の遠音」
    尺八・箏合奏「千鳥の曲」、「日本のわらべうた」、「春の海」

第2部 「口腔前庭と音の自由自在なコントロール」と「ユリの実際」を実演し合わせて講義

(一度、散会してから)

第3部 尺八個人指導、または(「春の海」もしくは「日本のわらべうた」)合奏勉強(個人)

 一人30分の個人指導
 各自の課題に合わせての指導
(例)・初心者で音自体が出しにくい。  ・安定した音の出し方がわかりたい。
・6寸管での早い運指に困っている。
・歌謡曲を吹きたいが、五線譜や移調について解説して欲しい。
・コロ、玉音の練習法が知りたい。  ・習った琴古流本曲の指導をして欲しい。
・地歌でメリ音に困っている。等々
・「春の海」を合奏したい。    ・「春の海」を合奏し、速いところの指導を受けたい。

1.日時 2007年1月7日(日)1:00〜5:00頃まで
2.会場 大阪府泉佐野市 泉佐野ふるさと町屋館(市文化財)
南海本線泉佐野駅より徒歩5分、難波より35分
3.講師 貴志清一
4.募集人数 

小演奏会 ・・・・・・・・・・・・・・・・・30名程度
   小演奏会と講義・・・・・・・・・・・・・・ 10名程度
   小演奏会と講義と個人指導(又は「春の海」合奏勉強) 4名
 ※(講義のみ、個人指導のみは、運営の関係で受け付けていません)

5.申込方法
 ハガキに「1/7講習会要項希望」とお書きの上、ご投函ください。折り返し申込書をお送りいたします。

○12月の尺八相談日は2007年1月7日(日)の講習会に代えさせていただきます。
○ 「尺八吹奏法U」あります。
○ ご注文の節は、 ハガキに「 U( )部 希望」とお書きの上
 〒590-0531 泉南市岡田2-190 貴志清一 までご投函ください。 (送料は無料です。一冊1,000円)