戻る

インターネット会報2007年7月号
「ロングトーンを忘れていませんか?」  貴志清一


尺八演奏会(8月25日)が近づきました。

 最近まで自分自身の尺八が停滞しておりまして、音色もあまり代わり映えしないし、傍で聞いている人がおもわず「目が覚めるような音色、演奏」という自己目標に近づき兼ねていました。

 口腔前庭により、乙音から甲音まで自由に駆け上がり、またバラバラと下降できますし、音の最後の消しは虚空に消えるごとく吹けます。また、乙ロもしっかり出ますし、曲を吹くにはほとんど困りません。しかしどうしても「目が覚めるような素晴らしい演奏」にはほど遠いのです。

私は人一倍「上手くなりたい」と言う気持ちが強いものですので、この十年一日の如き停滞は大変辛いものでした。
しかし、ふとしたことから、尺八の初心者でもやっている基本中の基本である『ロングトーン』がおろそかになっていたことが分かりました。 もちろん、ロングトーンまがいのものは毎日吹いていました。しかし、それが間違ったやり方でとてもロングトーンとは呼べない代物でした。

 浅はかにも、そして少々傲慢になっていたのでしょうか、毎日のウオーミングアップで基礎練習はこと足りるという不遜なことを無意識に考えていたのです。
毎日のウオーミングアップは、口腔前庭を感じ易くし響きを良くする「ハロー(琴古流)」を元にしています。これはこれで最も有効なウオーミングアップなのです。しかし、それだけではいけません。各音それぞれにロングトーンの鍛錬がいるのです。
 しかも、その正しいロングトーンは、当たりやタンギング無しから「すうーと」始めるのです。正しいロングトーンは確実に演奏能力を高めていきます。もちろん目標は長い音(ロングトーン)で、時計を見ながらいい響きでできるだけ長く音を持続させることです。
いい音を探るためにハローから順次音を進行させ目的の音を出すのはいいのですが、いざロングトーンを吹くときには、

「ロングトーン自体の音には何もつけてはいけません。」

ひたすらその音だけをすうーと長く響きに気をつけながら出すのです。
当たりや、タンギングを入れますと、もうその段階で圧力的なものが失われますので長く音を持続させることはできにくくなります。下図を見てください。(IT版では省略)

 ちなみに、先週このことに気づく前はなんと良い音は5,6秒しか音が続きませんでした。
(3週間後の現在、日によって違いますが、甲ロで良い音は10秒、甲ハで15秒ほど、乙ロでも10秒ほど。今後伸ばしていきたいですが)

 さて、そんな5,6秒ではたっぷりとした旋律なんか吹けるはずがありません。また、本曲でゆったり吹ききることなど不可能です。 それを指摘したくれたのはなんと身近なヴァイオリン奏者でした。

 「そのロングトーン、おかしい」と言われ、ちょうど知人のトランペット奏者のお話で「いろんな考えがあるけど、初心者のうちからロングトーンはタンギング無しですーと音出しをする方がいい」と聞き、タンギングが基本の西洋の金管楽器ですら「すーと」音を出してロングトーンをする練習方法あるのか、と考え真っ当なロングトーンをしてきていない自分自身に愕然となりました。

 正しいロングトーンをしないで管楽器が上手くなるはずがない。しかもずーーと「音をできるだけ長く伸ばす」すなわち、ロングトーンを最近まったくしていなかった自分を発見しショックを受けました。
この驚きは、これからロングトーンを毎日続ける強い意志を私に与えてくれました。甲ロから、上下だんだん音を広げ、各音をロングトーンで磨いていきたいと思います。

 ちょうど2007年8月25日(土)に小さな自分の演奏会をしますので、この時にはこのロングトーンの効果で第一部の本曲を3曲ほど朗々と演奏したいと思っています。ちなみに2部はギターの伴奏で日本の歌を尺八で演奏する予定です。

【演奏会のご案内】尺八吹奏研究会第16回演奏会

尺八・ギター演奏会
出演 尺八:貴志清一 ギター:大脇健五
日時 :2007年8月25日(土)2:00開演
場所:町屋館(旧新川家)[大阪府泉佐野市](大阪難波より40分)

第1部  尺八独奏「山谷菅垣」(琴古流本曲)他
第2部  尺八・ギターによる日本の愛唱歌 「琵琶湖周航の唄」他

○入場料(1000円)
※6才以下のお子様のご入場できません。
○入場ご希望の節は、往復ハガキの往信面に「第16回演奏会希望」と明記し、ご住所、ご参加者氏名(複数可)、お電話番号返信表にご住所、氏名をお書きの上ご投函下さい。 返信葉書(会場案内付)が入場券となります。
○入場料は当日受付にてお支払いください。
○宛先〒590ー0531泉南市岡田2ー190貴志清一
----------------------------------------------------------------------------------------
○「尺八吹奏法U」ご注文の節は、 
@邦楽ジャーナル通販 商品コード5241、http://www.hogaku.com/ または
Aハガキに「 U( )部 希望」とお書きの上 〒590-0531泉南市岡田2-190貴志清一まで、 (送料は無料、一冊1,000円)
○「DVD版 尺八吹奏法U」難点が多々ありますが残部あります。もし参考としてご希望される方は、往復ハガキ往信面に「DVD版尺八吹奏法U・申込要項希望」返信面に住所、ご氏名を記入の上、上記までご投函下さい。
折り返し申込要項をお送りいたします。