戻る

会報2007年12月号

ゴールウェイのマスタークラスの動画がこういう風に参考になります
貴志清一

 先月(2007年11月)のインターネット版尺八会報の上方に「ゴールウェイのマスタークラスの動画が参考になります」というリンクが掲示されました。 もうすでに見られた方も多いかと思います。

 しかし、この画像がどういう風に参考になるのかということは明示していませんでしたので、今回少し説明させていただきます。 まずこのHPのアドレスは次の通りです。http://jp.youtube.com/watch?v=NcXRzZZv1mE

 まず、J.ゴールウェイは世界的に有名なフルート奏者です。私ももう20年ほど前でしょうか、大阪のシンフォニーホールに演奏を聞きに行ったことがあります。大ホールいっぱいに広がる華麗な音色だったと記憶しています。

 ここでは、実際のこのマスタークラス(上級者用)での映像を見てどういう風に参考になるのか私なりに思ったことを述べます。実は私も高校時代から下手なりにフルートを習っていましたしブラスバンドでも吹いていました。大学のオーケストラではセカンドのフルートを担当していました。懐かしい想い出です。

 図版1を見てください(IT会報では省略、映像を見てください)
さて、最初にゴールウェイが注意するのは次の言葉です。
And you see that my lips are turned down at the corners.
Because, the smiling embouchure is really no good.
(見て分かると思いますが、私の唇は[引っ張らずに]両端で下に下げられているだけですね。その理由は、微笑む様な口の形は本当によくないからです)

 これは、尺八界で永らく(今でも?)悪影響を及ぼしてきた「口を真一文字に引く」やり方への批判と同じです。微笑むような口の形は唇を横に引っ張りますね。そうなると、上唇に適度な丸みを保つことができなくなり、また口腔前庭も作りにくくなります。
 次にゴールウェイはフルートの頭部管を持って実際に音を出しています。
 ここの部分の映像は尺八にとっても大切なことを示唆します。 尺八では、あまり真似をするとよくないかも知れませんが、

とにかく図版2では、極端ですが、顎を落として下唇をせり出しています。
 このことで、「尺八吹奏法U」でも述べているように、下歯による気流の阻害を避けることができます。

図版3は、だんだん音になっていくときの状態です。
 ここで、上唇がふわりと浮いていることに注目してください。息が出ることによって上唇裏に口腔前庭(空気の部屋のようなもの)ができていますね。  しかも、下歯は息の流れを妨げていません。その気になれば、舌先で下唇の裏を触れるくらいでしょう。

図版4は、最終的に音が鳴っている状態。
 明らかに上唇の裏には息がたまっています。(口腔前庭のできている状態)。これにより、素晴らしい音のコントロールが可能になります。 そして、唇を引っ張ってもいないし、余計な力も入れていないので上唇の丸みが十分とれてます。

 まだまだフルートや尺八を究めた奏者なら、もっともっといろんな有益な示唆を引き出すことができるのでしょうけれど、私が思ったことはだいたい以上の通りです。

 すなわち、尺八も、フルートも合理的な音の出し方の原理は全く同じだと言うことです。

 ただ、尺八の厄介な点は、あの広い尺八の歌口に蓋をしながら、しかも良い口の形を作らなければならない点です。フルートは必要なだけしか穴が空いていませんから歌口を蓋しなくてもよいのです。

 本当に、尺八は大変ですね。自分自身の口で蓋を作り、同時に良い唇の形を作らなければならないからです。それは初心者にとっては至難の業ですので、習い初めから適切なアドバイスをしてくれる師匠に就くことが絶対条件です。独学で尺八を学ぼうとしても、10人中9人まで、いや、100人中99人までこのために挫折してしまいます。

 適切なアドバイスをしてくれなくても、せめていい音で尺八を演奏できる師匠に就くことが最低限必要なのもこの尺八独自の難しさによるのかも知れません。

 今回のゴールウェイの動画を見て、私自身いろいろ考えさせられまた、「尺八吹奏法U」の内容が大筋では正しいと言うことを確認した次第です。

-------------------------------------------------------------------------------

○「尺八吹奏法U」ご注文の節は、 
@邦楽ジャーナル通販 商品コード5241、http://www.hogaku.com/ または
Aハガキに「 U( )部 希望」とお書きの上 〒590-0531泉南市岡田2-190貴志清一まで、 (送料は無料、一冊1,000円)
○「DVD版 尺八吹奏法U」難点が多々ありますが残部あります。もし参考としてご希望される方は、往復ハガキ往信面に「DVD版尺八吹奏法U・申込要項希望」返信面に住所、ご氏名を記入の上、上記までご投函下さい。
折り返し申込要項をお送りいたします。