戻る

 インターネット版会報2009年2月号
〈貴志清一尺八教室の開講〉
「下唇の活用〜正しい吹き方の奏者は名人の音に近づける」 貴志清一

〈貴志清一尺八教室の開講〉
 この度、尺八の演奏・指導に専念することになりました。
つきまして、尺八普及のため尺八教室を開かせて頂きます。
 今まで多忙のため十分な時間が取れませんでしたので、合理的な練習で上達したい方々にはお稽古に来てもらえずにご迷惑をおかけしてきました。今後十分な時間がありますので尺八を始めたい方、合理的な奏法を身につけたい方、琴古流本曲や新曲はもちろん現代曲、五線譜での演奏を習得したい方は是非お越しください。流派には全く関係ございません。
 またお箏の演奏者の方で、合奏練習・演奏会等の尺八パートが入用の時もお知らせ下さい。最大限対応させていただきます。

○講師 尺八吹奏研究会 貴志清一
(尺八歴31年、「尺八吹奏法U」著) (池田静山師、後ち松村蓬盟師に師事)
○内容 琴古流本曲 新、現代曲、古曲、歌曲、初歩指導等 (琴古譜、都山譜五線譜も可能)
1.月極稽古 (謝礼)
 月1回四千円、2回六千円、3回八千円  ※入門料はありません。
2.稽古日  平日、土曜、日曜(ご相談下さい。)
3.時間:概ね30分〜1時間まで
4.ワンポイント稽古
 遠方、その他により1回限りのお稽古も受け付けております。
 1回四千円、特に合理的な吹奏法習得にお役立てください。
○稽古体験
 入門する、しないに関わらず稽古内容がご自分に合っているかどうかを体験していただけます。
稽古体験は1回で無料。
○申込法
 入門、ワンポイント稽古、稽古体験ともご希望の節は、ご氏名・ご住所と、рワたはメールアドレスをお書きの上ハガキにてその旨ご一報ください。折り返しこちらからご連絡させていただきます。
〒590-0531 大阪府泉南市岡田2-190  貴志清一

---------------------------------------------------------------------------------

「下唇の活用〜正しい吹き方の奏者は名人の音に近づける」  貴志清一

 この下唇の活用は“尺八を正しい吹き方を身につけている奏者のみ”試してください。
正しい吹き方ができていないと返って混乱し、スランプに陥るのが関の山です。

 さて、正しい尺八の吹き方はおよそ以下の通りです。

 ・まっすぐな息が出せる。

 ・けっして喉が“うーうー”鳴らない。

 ・音の末尾がきれいに消せる。

 ・上唇裏の口腔前庭が吹くときにできている。

 ・下歯が息の流れを邪魔していない。

だいたいこの5つのことが出来ていると確認ができれば以下のことをお試しください。

1.一音(たとえば甲ロ)を出します。

2.音が出たら、ほんの少し下唇を前に出し気味にします。

3.そして、下唇は大体そのままにする気持ちであご(顎)を手前下にゆっくり引いていきます。(実際は下唇も顎に少しついていく)

 ちょうど、下唇が上唇をこする感じです。
 これだけのことです。しかし、これは言葉では極めて伝えにくいものなのです。

 もし私のするようにこれができれば、あごを手前にゆっくり引いていくと同時に急に艶のある「良く鳴る」音色が出るはずです。ご自分でも驚くほど良く鳴り、まるで名人の音に近づいた感覚が得られるのではないでしょうか。
 良い響きの尺八の専門家の方は、「そんなこと、当たり前。わたしはいつもそのように吹いています。」と思うかも知れませんが、何とかいい音を出したい、しかし出ない尺八愛好家にとってはこの方法は有効ではないかと自負しています。
 乙ロなどでは、同じことを唇をひねるようにして実現している人もいます。またこの方法を 故二代目河野玉水師は「口を絞る」と表現されていました。
 唇を「ひねる、絞る」は少し回転運動的な要素が感じられます。わたくしの方法は上下的な感じです。いずれにしましても、していることはほとんど同じで、音に艶が出て良い響きになることは同じです。
 この文をお読みになられた方は自分なりの方法でも良いと思います。
 物理的には、息がより長く唇の間を通り、その気流をきれいに整流させることでしょう。
 以前尺八吹奏研究会のHP148号の「ゴールウェイの動画がこういう風に参考になります」(2007/12/01)というのは正しくこのことを言っています。
(http://jp.youtube.com/watch?v=NcXRzZZv1mE)
 ただし、穴の小さな、唇が自由になるフルートではゴールウェイの映像のようにできるのですが、尺八はフルートの台座まで自分で作る必要がありますのでそのまま応用するわけにはいきません。

 尺八では、始めに述べたように、「音が出たら、ほんの少し下唇を前に出し気味にし、下唇は大体そのままにする気持ちであご(顎)を手前下にゆっくり引いていき、ちょうど、下唇が上唇をこする感じで音をだす」となると思います。
 もし、実際のやり方のアドバイス希望でしたら、丁度良い機会ですので上記のワンポイント稽古をご活用ください。

○「尺八吹奏法U」ご注文の節は、 
邦楽ジャーナル通販 商品コード5241、http://hj-how.com (送料別途)