会報 No.56
 
「尺八吹奏法 T」が出来上がりました。
「改訂版 尺八吹奏の基礎」、
付 改訂版「毎日のウォーミングアップ」
 
 ’89年に邦楽ジャーナルに4回にわたって「尺八吹奏の基礎」という吹奏理論を発表いたしました。その後11年の年月が流れその間、尺八吹奏の理論もしっかりしたものになってきました。
 今改めて「尺八吹奏の基礎」を読みますと明らかに誤り・思い違いの箇所があることが分かりました。
 とくに「下歯による気流の乱れ」「眼下息道法」は是非入れなければならないと思っていました。
 今回はそのこともふまえ、解説し、「尺八吹奏法T」と題して改訂版を発行いたしました。(B5版、21ページ、製本済み)
 頒布につきましては本文末をご覧ください。
参考までに本書の目次を引用しておきます。
目次
第1章 尺八吹奏法について
尺八吹奏法の大前提となる「腹式呼吸」について
1,尺八吹奏の口の形は「口笛」の口に近いこと
2,唇の赤い部分に力を入れてはいけないこと
3,口笛練習法について
4,上唇の丸みと偏心角について
5,上唇裏の口腔前庭について
6.「眼下息道法」
第2章 改訂版「毎日のウォーミングアップ」
五線譜、琴古譜、都山譜
 
 なお、頒価は500円で、250部限定出版となっております。
 
 
「尺八吹奏法 T」申し込み方法
 
 
○尺八吹奏研究会会員の方
・ご希望の部数が届き次第、一部につき500円を郵便為替等でお送りください。
・送料は不要です。
 
○非会員の方
「尺八吹奏法T希望」と明記し、送付先の住所・氏名を記して、
・一部につき500円と、送付に関する手数料(含む切手代)200円、の合計金額を郵便為替等にてお送りください。折り返しお送りいたします。
 
(例)一部希望…500円+200円=700円同封
三部希望…500×3円+200円=1700円同封
 
○送り先…〒590-0531大阪府泉南市岡田2-190
尺八吹奏研究会 貴志清一 迄